求人情報を見極めるためのポイント
注意するべき点

注意するべき求人について教えましょう。まず未経験がOKだったり、学歴職歴不問としている求人があります。これは実際に教育制度が整っていることを確認するべきでしょう。未経験で採用されて、教育をきちんと受けることができない環境だったら、とても働きにくいでしょう。

その企業について調べても何の情報も出てこなかったり、悪い情報が多い場合は避けた方が良いでしょう。そのような企業の求人に応募してもリスクがあるからです。結局、転職をすることになるかもしれません。事前に情報をできるだけ集めておくべきです。

社員の平均勤続年数や平均年齢はチェックしておきましょう。勤続年数が長くて、平均年齢も高い会社の場合は、長く働いている社員がたくさんいるということです。そのような会社の方が安定した環境が整っているでしょう。

女性の方は女性にとって働きやすい環境が整っているのかを確認しましょう。女性で管理職をしている方がいるのか、育児に関するサポートが充実しているのか、働き方について配慮してくれるのかといった点を求人情報やホームページなどでチェックしましょう。

給与面については、初任給や賞与、昇給の機会、残業代や手当などをチェックして、実際にどのくらいの年収になるのかを確認しておきましょう。実際にもらうことのできるお金を重視するべきです。